ウェッジウッド | 陶器とインテリア

HOME -- ブランド別 -- ウェッジウッド

■ブランド別

ウェッジウッド

ウェッジウッド

ウェッジウッド(Wedgwood & Corporation Limited)はイギリスの陶磁器メーカーです。
ジョサイア・ウェッジウッドによって1759年に設立されました。
ウェッジウッドは、ロイヤルドルトン社と並ぶ世界最大級の陶磁器メーカーのひとつとなっています。
主に高級食器を製造・販売していますが、アクセサリやタオル、テーブルクロスなども扱っています。
ちなみに日本には子会社としてウォーターフォード・ウェッジウッド・ジャパンがあります。
1759年、創始者ジョサイア・ウェッジウッド1世(1730-1795)が、ストーク・オン・トレントのバーズレムに最初の工場を開設してから250年を迎えようとしています。
ウェッジウッドの陶磁器は、優れた技術と芸術性の高いデザインを誇り、数世紀の時を超えて、今でも世界中の人々に愛されています。

歴史

イングランド中部、ストーク・オン・トレントの田園風景の中にウェッジウッドの工場があります。
一部はビジターセンターとして開放されていて、ウェッジウッドの歴史や、作り方を学ぶことができるようになっているんですよ。
単に「ウェッジウッドが好き!」というのもいいですが、その由来や、作られている現場を見ると、より愛着がわいてきそうではありませんか?
ジョサイア・ウェッジウッドは、代々続く陶工の家系で、1730年、12番目の子供として生まれました。
彼が後に、芸術家、技術者、そして商業の才能を発揮できたのは、教育熱心だった母の影響が大きいといわれています。
父が亡くなると、その跡を継いだ兄に弟子入りしましたが、12歳で天然痘にかかってしまいます。
闘病の間はベッドから動けなかったのそうですが、彼はこの数ヶ月間を、読書や勉強、そして自分自身を考える時間に当てました。
退院後、その才能を認められた彼は、有力な陶工や親戚の援助、さらに有利な結婚によって自分の事業を成功させることができました。
彼は単なる陶工ではなく、改革者、思想化、科学者として、誰もが認めるところとなります。
彼の足は、ついに切断されてしまいましたが、シャーロット女王に献上したティーセットが評判を呼び、ヨーロッパ中にジョサイア・ウェッジウッドの名が響き渡ることとなります。
ビジターセンターのすぐ近くには、リジェクトショップ、工場から出た二級品を販売する店がありましたが、あまりに好評だったため、別の場所に移されたのだそうです。
ちなみに英国では、一流ブランドの二級品を「リジェクト品」と明記して売っているそうです。



HOME | 陶器の歴史 | 産地別 | ブランド別 | インテリア雑貨 | 陶器の浴槽 | インテリアの方法 | サイトマップ