トルコ陶器 | 陶器とインテリア

HOME -- 産地別 -- トルコ陶器

■産地別

トルコ陶器

トルコ陶器

トルコの陶器はタイルが有名ですよね。
トルコの陶器は、15世紀末~16世紀のオスマントルコ時代に隆盛を極め、タイルはモスク(イスラム寺院)や宮殿を飾り、絵皿や器は宮殿で愛用されてきました。
キュタフヤはその流れを汲むトルコ最大の陶器の産地となっています。
トルコのアナトリアでのタイルの生産は9世紀にまでさかのぼります。
12世紀、トルコ人のセルジューク時代にはタイルはモスクなどの建物の装飾品として使われていました。
その時代は幾何学模様が主流で色は主にコバルトとトルコブルーでした。
その時代からアナトリア地方は大部分がイスラム教であり、偶像崇拝が禁止されていたため、ビザンツ帝国時代のイコンに見られる聖者など、人が描かれることはなかったのです。
そしてオスマン帝国時代になると、タイル、陶器の色はもっとカラフルになりデザインも複雑になりました。コバルトとトルコブルーの他に緑と赤と黒が加わるようになったのです。
当時の生産地はイスタンブールに近いイズニックでそこは以前から良質な粘土に恵まれ、窯業の盛んな町でした。
16世紀に最盛期をむかえたトルコタイルと陶器は世界の主要な博物館で見ることができます。
また当時は建物の装飾品のみならず装飾食器としても使われていました。
デザインにおいても、もともとあった幾何学模様、唐草模様から、バラ、カーネーション、チューリップなど植物のデザインが主流となっていきます。
この時代、中国の明時代の染め付けの影響を多大に受け、イスラム・中国文化が融合したデザインが多く見られます。
オスマン帝国の衰退とともに、イズニックでのタイル、陶器の生産は激減していきます。
18世紀にトルコタイル、陶器は復興するのですが、そこはイズニックではなく、キュタフヤでした。
現在もなお、そのキュタフヤはトルコで最大の窯業都市となっています。
17世紀以降、イズニックタイル、陶器はキュタフヤで継承されましたが、最盛期のイズニックタイル、陶器の品質への想いは現在もなお続き、全盛期であった16世紀のデザインを生産し続けています。
これがいわゆるイズニックデザインです。
最近ではこれまでとは全く違ったキュタフヤ独自の大変カラフルなデザインが生まれ人気を集めています。
そんなトルコ陶器は、今でもひとつひとつ職人さんの手で絵付けされています。



HOME | 陶器の歴史 | 産地別 | ブランド別 | インテリア雑貨 | 陶器の浴槽 | インテリアの方法 | サイトマップ