タイル | 陶器とインテリア

HOME -- インテリア雑貨 -- タイル

■インテリア雑貨

タイル

タイル

陶器のタイルってとても色鮮やかでかわいいですよね。
陶器のタイルは、タイルの素地を1000℃以上の温度で焼き上げたもので、素地は多孔質で吸水性があり(吸水率22%以下)、軽く打つと濁音がします。
硬さや強さは磁器質タイルに比べ小さく、内装タイルやレンガなどの用途に用いられることが多いようです。
タイルは水まわりの素材として、とてもポピュラーなものです。
最近は機能性の高い商品もでてきていますね。
本来タイルとは、「張り付けて使用する小片状の薄板の総称」です。
そのため、陶磁器のタイルはもちろんプラスチックタイル、タイルカーペットなど製品はざまさま。
ただ、一般的にタイルといった場合、陶磁器タイルを指すことが多く、粘土や石英、長石などを焼成した外装や内装に用いる素材のことを指します。
水まわりの内装材としてポピュラーなタイルは、耐候性、防火性、防水性に優れた仕上げ材です。
また、酸やアルカリなど薬品にも強く、耐摩耗性もあり、メンテナンスも楽な素材といえるのではないでしょうか。
もちろん、デザインバリエーションも豊かで、コーディネートを考えるのも楽しくなるアイテムですよね。
最近では、キッチンやバスルームだけでなく、リビングやダイニングの床や壁などでも用いる場合もみられます。
タイルは、素地質によって、「陶器質」「せっ器質」「磁器質」に分けられます。
また、タイルは釉薬の有無によって、施釉タイルと無釉タイルに分けられます。
施釉タイルには、薄いケイ酸塩ガラスの透明釉、つやのある光沢釉、不透明で有色素地を白く見せる乳濁釉などがあります。



HOME | 陶器の歴史 | 産地別 | ブランド別 | インテリア雑貨 | 陶器の浴槽 | インテリアの方法 | サイトマップ