ロイヤルコペンハーゲン | 陶器とインテリア

HOME -- ブランド別 -- ロイヤルコペンハーゲン

■ブランド別

ロイヤルコペンハーゲン

ロイヤルコペンハーゲン

ロイヤルコペンハーゲン(Royal Copenhagen)は、デンマークの陶磁器メーカーです。
正式名称は「ロイヤル・コペンハーゲン陶磁器工房」(The Royal Copenhagen Manufactory)。
絵付けはすべて手描きで、製品の裏側にはロイヤルコペンハーゲンのマークと、アーティストのサイン、シェーブナンパーが入れられています。
古くから日本の有田焼の影響を強く受け、手描きによるコバルトブルーの絵柄が、ロイヤルコペンハーゲンの特徴となっています。
1868年から制作されている、下絵の手描きのブルーバターン「ブルーフルーテッド」はベストセラーのひとつとなっています。
唐草模様パターンで緻密なレース技術が繊細で格調高く世界中で愛されていますが、特に日本人の人気を集めているようです。
また、1908年以来欠ける年なく続いているイヤープレート(クリスマスプレート)も人気商品のひとつです。
マークは王冠と三本の鮮かなプルーの波型ラインで構成されています。
3本の波線は、デンマークを囲む3つの海峡を現し、その上に王室御用達を意味する王冠が輝きます。
バックスタンプは制作の古いものは、マイセンの様にマーク自体が違っていますが、1935年以降は、現在でも使用されているマークと同じで、製造年はバックスタンプの王冠の周りの「ROYAL COPENHAGEN DENMARK」と書かれている文字の周辺に打たれた点の位置により判別が可能です。

歴史

その歴史は、その穏やかな美しさとは対照的にダイナミックです。
ヨーロッパ列強の植民地政策により東洋との貿易が盛んになり、日本、中国の陶磁器がヨーロッパに持ち込まれ、どうにか国内で作るよう大変な努力がなされました。
現代の先端技術競争のような様相を呈し、ドイツのマイセンに続いてデンマークの王室の庇護の下、ロイヤルコペンハーゲンも開発に成功しました。
またその後の道のりも容易ではなく、1813年に国有銀行が破綻し、国土を失うなど国内事情も厳しいものであり、憲法が改正され、ロイヤルコペンハーゲンは民営化されました。
しかし、優れた技術とデザイン、および販売戦略により世界的にも広く認められ、王室だけでなく一般の人々に愛されるようになったのです。
1970年代以降にはライバルの陶磁器メーカーや銀製品メーカー、スウェーデンのガラス製品メーカーを次々に買収してロイヤルスカンジナビアとして北欧を代表する巨大グループとなりました。



HOME | 陶器の歴史 | 産地別 | ブランド別 | インテリア雑貨 | 陶器の浴槽 | インテリアの方法 | サイトマップ